fc2ブログ
クリスマス・キャロル
12月も半ばに入り、街はクリスマスムード一色です!
住宅街でも電飾を庭の木や外壁にくくりつけて、
華やかに家を彩っているところが多くあります。

皆様はどんなクリスマスを過ごす予定ですか?

そんなクリスマスを題材にした映画をご紹介。

英国の小説家・ディケンズの中編「クリスマス・キャロル」を原作とした映画はたくさんありますが、
おすすめはこちら!!
『ミッキーのクリスマス・キャロル』 (Mickey's Christmas Carol)
1983年、監督 バーニー・マティンソン
m c


ディズニーのなじみのキャラクター、ミッキーマウスドナルドたちが、
物語の人物を演じています。

初老の商人スクルージは、ケチで傲慢で金の亡者。
ロンドンの下町に事務所を構えていますが、冷酷で無慈悲であるゆえ、みんなの嫌われ者。
明日はクリスマス。朝から甥っ子や慈善団体の紳士などがスクルージのもとに来ますが
みんなを追い払ってしまいます。
そんなクリスマスイブの夜、過去の共同経営者マーレイの亡霊が現れ、
金銭欲がいかに身を滅ぼすか、スクルージに忠告をします。
すると、 「過去」 「現在」 「未来」 の3人の精霊が彼のもとに現れ…
スクルージは、過去の希望に満ちていた自分の姿、
現在の貧しくも家族の愛を大切に生きる人々の姿、
そして、未来の無残な自分の運命…それらを見て、
会心します。そしてクリスマスの朝を迎えるのです…。

基本的にはキリスト教の教えが元になっているようですが、
宗教にかかわらず、多くの人に受け入れられる作品だと思います。
他人への慈悲の心の大切さや家族愛などを描く作品となっております。
同時に、物欲や金銭欲にかられすぎると大切なものを失うということを忠告している作品です。

この映画の見どころは、ディズニーキャラクター達が登場人物を演じているところと、
アニメーションによって、よりファンタジックに描かれているところです。

クリスマスの時期、ご家族皆さんでご覧になって暖かい気持ちになってください