FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
活気あふれる街であるために。
2019年がスタートしました!皆様どのようなお正月を過ごされましたか?
私は、元日に近くの神社に初詣、翌日ご年始のため東京に出向き、久しぶりに上野をぶらついてみました。
上野は、私達の世代から見れば特別な場所です。
東北の玄関口として、上京の際も帰郷の際も全てここが始点であり終点でした。悲喜こもごも数々のドラマが生まれた場所なのです。

遠くは集団就職の列車が上野駅に到着、多くの若者が夢と希望と不安を胸にそれぞれの会社に就職、戦後日本の復興の大きな原動力となりました。
今では、東京駅が発着駅となり上野駅で降りる機会もめっきり減りましたが、私が学生の頃の思い出も一杯詰まっており、とてもノスタルジックな雰囲気を味わえる場所でもあるのです。

先ずは久しぶりにアメ横商店街へ行きます。
年末でもないのにかなり混んでいます。思うように前に進めません。
左右の商店からは威勢の良い掛け声が飛び交います。
そこで周りを見て気が付きます。何と通行人の6割以上が外国人です。
そういえば、来来(ライライ)という呼び声も盛んに聞こえます。
でも周りを見ると中国人、台湾と言ったアジア系ばかりでない。白人もいる。イスラムの人もいる。多国籍です。
活きのよいカニや、マグロなどの海鮮物にチョコレート…大きなだみ声で次々と売りさばくお兄さん。
ここには約400の様々な店が立ち並びます。アメ横の風情は変わらずとも客層は様変わり。
どうやら外国人は食べ歩きが大好きらしい。タコ焼き屋には大勢の外国人が並んでいます。
食べ物を売る店では、店先にテーブル、いすを設け、その場で食べられる工夫が目立ちます。
「何でもすぐそこで食べる」これがキーワードらしい。
明らかに訪日外国人を意識してのことです。
それもそのはず、今や外国人に一番人気のある観光スポットがここ「アメ横商店街」だと言います。
理由は「日本の下町文化を伝える活気あふれる商店街で、食べ歩きグルメが楽しめる」「食べ物、買い物、明朗会計、安全、アクセス」どれをとっても訪日客を満足させられる条件が揃っているらしいのです。

彼らの消費活動を「インバウンド消費」と言いますが、もはや彼らなしでは、日本の経済が成り立たない程の力を持っています。
日本のどの都市・町でもこの「インバウンド消費」が何としても欲しいのです。
私達が住む福島でも避けて通れない課題です。
2020年には五輪予選会場となります。外国人が魅力を感じる街づくりとは?
活気あふれる私達の街であってほしい!アメ横で強く感じたことです。
皆様今年もどうぞ宜しくお願い致します。


梅津寿光
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。