FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
束の間の休日に思ったこと
皆様こんにちは!

すがすがしい季節になってきましたね。仕事によし、行楽によし、何をするにも絶好の季節です。
そんな中、先日、昨年の忘年会の余興で当たった一枚のチケットを思い出しました。それは、東京湾クルーズのペア食事券。期限は9月16日となっていました。それは時間がない!というわけで、早速予約。期限前日の15日、休日を利用して東京湾クルーズ・ヴァンテアン号に乗船しました。
3連休の最終日とあって船内はほぼ満席。家族の誕生日やら、デート、女子会、また敬老の日を祝うご家族と様々なシチュエーションのお客様で一杯。船内は和やかなムードに包まれていました。天気も良く、高層ビルを横目に、東京レインボーブリッジをくぐり、2時間という短い時間でしたが、意外と非日常の雰囲気を味わい、楽しい時間を過ごしました。私にとっても久しぶりにリフレッシュできた一日でした。

私も、出張とかで東京へは時々行きますけど、どこか眺めるわけでもなく、ほとんどがとんぼ返り。そこで、今回は久しぶりに銀座の歩行者天国へ繰り出してみました。そこで感じたことが、二つ。一つ目はまず外人の多さにびっくりです。特にアジア系の人が目立ちます。中国は当然としても、東南アジア系の方の多さは今まで感じなかったことです。やはり経済水準が上がって、裕福になっているんだなぁと思います。後は円安の効果も大きいですね。二つ目は、あれだけの大勢の人が通行したり、いすに座って談笑したり、思い思いに楽しんでいるにも関わらず、たばこの吸い殻が一本も落ちていないことです。これは意外とびっくりしました。このマナーの良さは素晴らしい。以前にはなかった光景だと思います。

さて束の間の休日で思ったことです。アベノミクスの効果もあり、今や大企業の業績は絶好調。大企業がひしめく東京は活気に溢れている。そこに2020年の東京オリンピックを控え、投資が重なりこれから一段の成長をしようとしています。新幹線ですぐに東京には行けるけど、地域格差はますます広がる。羽田空港も国際空港として生まれ変わり、都心に直結されます。誰もがその利便性を喜んでいて、私もその通りだと思いますが、では成田空港って何だったのか?あれだけの闘争と犠牲と費用は何だったのか?東日本大震災を経て東京オリンピックへ向かう日本。「今、時代が大きく動く」そんなことを感じた一日でした。

それでは!
                     
梅津寿光
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。