FC2ブログ
厳しい寒さの中に咲く夢一輪。春よ来い!
 皆さんこんにちは!例年になく寒い冬ですね。現場の方も、品質維持のため寒さ対策には万全を期して取り組んでおります。特に冬場の仕事は、一にも二にも養生が大切です。
そして、お引渡し後のお客様は、この暖かい住宅を本当に身をもって体感されているのではないでしょうか?特に今年は、そうした嬉しい声が数多く届いています。


 さて、今年に入って、「家を建てる決断」をするお客様が急に増えているような気がします。
3.11以来ここ福島は、特別な地域になってしまいました。県内外に避難されている方々も数多くいらっしゃいます。しかし家づくりは、人と家族にとって欠かせないもの。それぞれ背負っているものの大きさを噛みしめながら、皆様ぎりぎりの決断をされています。
震災そして、原発事故から間もなく一年。ご自身の、家族の人生設計を考えるうえで、もう待てない。すべてを受け入れながら、知識を得て、情報を信じて前向きに決断される。この様な方が増えてこられたと感じております。
家のつくり手の私達としては、その様なぎりぎりの決断をされてきたお客様の期待を、絶対裏切ってはならないと固く誓っております。


 さてここで、心温まる出来事を紹介します。下の写真をご覧ください。

渡邉様邸 



弊社営業、住宅アドバイザーの渡邉さんが何と家を造りました!小さいころからの夢だったそうで「かなわない夢はない」というのは本当ですね。心から拍手を送ります。そして、家族の要として、これからの彼女の細腕(?)繁盛記に期待します。

来週から弥生3月、本当に春が待ち遠しいです。
それではまた!      
                                    梅津寿光