FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「東日本大震災から1ヶ月」 今、思うこと。
東日本大震災から1ヶ月が過ぎ去りました。
被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。


私どもの会社はお蔭様で無事休むことなく営業をしております。
震災のあった日から早速、全てのOBのお客様に住まいの現状を確認し、現在それについての緊急修繕工事に取り組んでおります。

資材の不足と流通が戻っておらず、皆様にはご不便、ご迷惑をおかけしていますが、
現在、会社一丸となり、全力で取り組んでおります。もうしばらくお待ちください。


このたびの大震災では、多くの人に大きな悲しみをもたらしました。
地域に密着した工務店として、お客様の生命財産を守る住まいを、命をかけて守るのが
我々の使命であると私は常々申してきました。勿論、今もその気持ちに変わりはありません。
ここ福島市では一部、旭台地区を除き建物倒壊などの甚大な被害は少なくて済みました。
しかし、津波に襲われた地域の惨状をテレビで見るたび、我々建築に携わる者の無力さを思い知らされます。


ライフラインが復旧し、スーパーにいつも通りの風景が戻って復興に向おうとした時、
ここ福島にもうひとつの大きな問題が影を落としました。地震、津波に加えて放射能汚染の問題です。市民生活をおびやかし、農業を始め全産業が壊滅状態になりつつあります。
日本中でここ福島だけが阻害されている現状を国は何と考えているのでしょう。
一日でも一時間でも早く放射能放出が止まることを祈るのみです。
そうでないと、福島の復興へのスタートが切ることが出来ない。
ここは全世界の英知の結集に期待したいと思います。
この問題の終結の見通しがつかない限り福島の復興とか、希望はなかなか見出せない。
このような状況に私たちは追い込まれていると思います。


でもどのような状況下でも、何とかしてここ古里の福島を守っていきたい。
頑張りましょう!福島県民の総力を結集して頑張りましょう!
私共も、皆様と一緒に歯を食いしばってこの危機を乗り越えて参りたいと思います。


まだまだ余震が続くことが予想されます。
住まいの不都合が生じましたら遠慮なくご連絡ください。
24時間対応しております。


                                 梅津 寿光


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。