FC2ブログ
エコと住宅
エコ」という言葉は、現在では聞かない日がないほどで、
住宅業界でも頻繁に使われています。

「エコ」=「エコロジー」という解釈が一般的ですが、
エコロジー」と「エコノミー」の二つの意味が含まれているようです。
もともと語源は同じ。ギリシャ語の「OIKOS」です。
意味は「家」「氏族」「集落」など、社会生活の最小限の単位です。
そもそも、この「オイコス」を機能させるために必要なことが二つのエコならば、
やはり「家」と「エコ」は切っても切り離せないものなのでしょう。

そして近頃よく聞くのが「エコ住宅」という言葉です。

みなさんは「エコ住宅」と聞いて、どんな家を想い浮かべるでしょうか。
ある人は、太陽光発電や燃料電池をつかって「創エネ」できる住宅を、
ある人は、自然素材をふんだんに使って健康に配慮した住宅を、
またある人は、断熱性能に優れ暖房設備が最小限で済む家を…それぞれ思い浮かべるでしょう。

どれも「エコ」という言葉から連想されます。
CO2の発生を少なくすることをで地球温暖化を防止するために、
自然エネルギーを利用することも一つの方法であり、
製作過程で発生するCO2をなるべく発生しないように、石油製品を極力使わないように
木材やしっくいなどの自然素材を取り入れるようにすることもその一つ。
そして、生活するためのエネルギー(電気やガスなど)を使わないように断熱性能を高くすることも
もちろん「エコ」につながります。
同時に、光熱費の削減により家計の節約になり「エコノミー」にもつながります。

人によって「エコ」を実践するための方法も、求めるものが違うようです。

最近は「エコ」という言葉がやや商業的に、売り文句のようになっていて、
はたして本当に「エコ」なのか?と思うときがあります。

まずは、そういった文言に左右されずに、
自分は何のために家を建てるのか、何を家に求めるのか
考えたうえで家づくりをするのが一番ですね



涼しい一日
つい最近までの酷暑が嘘のように、今日は涼しい一日でした。
皆さんも、今日は過ごしやすかったのではないでしょうか?

いつもなら車を運転中はクーラーをつけるのですが、
今日はまったくクーラーをつけることもなく、
快適に運転しました。

ただ、これほど気温が下がると、体調管理をしっかりしていないと
すぐに体調を崩してしまいます。
つねに体温が一定になるように、暑い日には日除け対策や水分補給が必要ですし、
涼しい日やクーラーのきいた部屋では薄手のカーディガンなどを用意しておくといいですね。

また、最近は熱中症や川・海での事故によって命を落とす方も多いようです。
くれぐれも体調や天候に注意して、残りの夏をお過ごしくださいね!!




お盆休業のおしらせ
8月も半ばになりました。
もうお盆に入ります。
ユメックスホームでも、お盆中は工事・営業をお休みいたします。

お盆休みは、8月13日(金)~16日(月)までです。

お盆明け17日(火)からは通常通り営業いたします。
ご協力よろしくお願いいたします。
なお、緊急時はご連絡ください!