fc2ブログ
日本の住まい方、風土、人間の感覚。
従来型の日本の家は
夏涼しく冬寒い家です。

なによりも湿度が高い日本の夏をどう過ごすのか、
どうすれば食べ物が傷まないのか、どうすれば木が腐らないのか…
長い年月をかけて考えられ、その地形や気候、風向きなどに則した住宅が生まれました。
福島の郊外でもまだ見られる古い農家住宅の特徴をみると、
母屋と風呂・便所を別にし、台所を土間に作り、極力湿気を避ける造りになっています。
隙間風が多いため冬の寒さは否めませんが、換気の必要がないため、湿気がこもりません。
ただ、現代の生活には見合わなくなったために、このような住宅は減っています。
日常生活の変化により、住宅も変化することは必至です。

ところが現在主流となっている住宅はどうでしょうか。
高気密高断熱が主流になり、機械換気や冷暖房が必須になっています。
確かにランニングコストはかからなくなりました。冷暖房の効率が良くなった影響です。
服を重ねなくても過ごしやすい室内環境を作り出すことができるようになりました。
しかし、果たしてそれが健康的な住宅なのでしょうか。

日本各地で多少の差はあれど、画一的な規格住宅が多くなっています。
日本の基準と諸外国の基準を比べたデータを示しているメーカーも多々あります。
しかし、本来まったく気候風土が異なる諸外国の住まい方を取り入れたとしても
日本の私たちの住まいに当てはまるのか…

私はその考え方に異議を唱えます。

なぜなら、私たちの住むまち、そして地区、その場所ごとに
風土は異なるのですから。
そして当然の如く、住まい方も異なるはずです。

自然との調和―よく言われる言葉ですが、
人間が文明社会で生きている以上、自然の力を頼らざるを得ません。
そこに同等の関係性が生まれるのか、未だ議論が絶えませんが、
少なくとも自然の恵みを享受し、そのなかで人間は生活しています。

和辻哲郎の名著「風土」(和辻哲郎/1935/岩波書店)の中の一節に、
風土とは自己完了のしかたである」とあります。
自然の諸現象から、人間の五感を通じ、そして行動に表れる―。
また、そこからさまざまな道具が生み出されることが記されています。
すべては偶然の産物ではなく、必然であること、一連の関連性がそこにあるということです。
よく「すべてのカタチは理由がある」とはよく言ったもので、
本来住宅はその最たるものであり、人間の住まい方は
この「風土」に基づいているものだと考えます。

ここ福島において、ユメックスホームでは
こだわりである断熱材・セルローズファイバーの施工の際
気密シートを張らずに施工することや、風の流れを重視することなどのほか、
地元工務店としての長い経験や土地勘などを生かして日々家づくりをしています。
そして、人間が人間たるべき住まい方とは何か…日々悩み考えますが、
未だにその答えが明確ではありません。

刻々と時が流れ、情報が氾濫する現代、
何を信じればよいのか分からなくなっている方も多いはずです。

そんなとき、やはり人間の潜在的な感覚をもう一度鋭くさせることが
重要なのかもしれません。
そこから生み出される形こそ、本当に私たちの求める住まい なのではないでしょうか。