FC2ブログ
コロナウイルスの包囲網
冷静に事実を伝えるはずのニュースキャスターが、泣きながらニュースを伝えていた。
新型コロナに感染し軽傷と診断され自宅待機を続けていた身重の女性。
状態が悪化しても入院先が見つからない。
妊娠29週のため、優先的に入院できる36週には達していなかったのだ。
これが入院調整している保健所の判断だった。そして一人、自宅で出産。
生まれた赤ちゃんは早産のため亡くなってしまう。
入院さえできれば助かったと思われる新生児の命は悲惨にも途絶えてしまったのだ。
病床のひっ迫、治療を必要としている人が受けられない。
これが今、先進国の日本で起きている現実とは…。

ウイルスの存在は人類の出現より古いと聞く。
人類は、今迄多くのウイルスと対峙してきた。
根絶させたウイルス、上手に共存したウイルス。
今回の新型コロナウイルスに対するワクチンの開発スピードは
いまだかつてない速さだという。
人間の知恵の結晶だ。これは本当に素晴らしい。
ワクチンの接種は重症化を防げるというが、
当社の若い世代の社員は、いまだ接種予約が出来ずにいる。
日本国内で2回接種した人は既に5000万人を超え、
接種率が40%を超えたというが、この不平等さも良くわからない。
じわりじわりと身近な人が感染し、
コロナウイルスの包囲網がいよいよ狭まってきたなと身をもって感じる。

この時代に生き残ろうとして必死に変化を遂げ続けるコロナウイルス。
初めて新型コロナ感染が確認されて600日、間もなく丸2年になろうとしている。
いまだ対症療法だけで、根本的な治療法は確立していない。
人の命が犠牲になるこの事態を何とかして止めなければならない。
医学と科学そして政治とあらゆる力を総動員する時だ。


 梅津寿光
つづきを表示
春本番の到来!
今年の桜は史上最速のスピードで開花そして満開を迎え、あっという間に散ってしまいました。
冬を超え心待ちしていたこの桜の季節ですが、コロナ禍でうきうきするわけでなく、勿論、花見の席もありませんでした。
気が付けば桜前線は一気にここ福島市を通過し北上し、去っていきました。


そんな中、会社の近くにある「あづま運動公園」内の巨石広場に行ってしばし桜を眺めてきました。
一枚目の写真は桜の花の向こうに、吾妻小富士の雪うさぎが見えます。

これは地元では「種まきうさぎ」と古くから呼ばれ、慕われています。
私達に春の訪れを知らせ、福島市周辺の農家はこの「雪うさぎ」が現れると、苗代に種をまき始めたと言われています。
この「雪うさぎ」が現れると、いよいよ農作業が本格化します。
田んぼや畑を耕すトラクターのエンジン音があちこちから聞こえてきて、活気ある季節の到来です。


○
満開の桜と吾妻小富士の雪うさぎ

↓ ↓ ↓ 拡大してみると・・・!
○4



○2
夜になるとライトアップされていました
沼に幻想的なライトアップされた桜が映ります
こんな素敵な所が近くにありました!




○3
そして早くも我が家の竹林にタケノコが出ていたので、収穫してきました。
これも例年よりかなり早いスピードです。
これから、ワラビ、タラの芽と本格的な春の味覚の到来です!
こんな時代、旬の味覚を味わい、ゆったりと過ごすのも良いですね。



梅津寿光
度重なる災害の中で
2月13日(土)夜、福島県沖を震源地とする地震が発生、激しく揺れた。

棚の上の物が転がり落ち、3.11東日本大震災を思い起こすような揺れだった。
翌14日(日)、当社では朝から全てのOBのお客様に被害の状況の確認作業に追われた。
緊急性のある場合は、即座に対処しなければならない。
緊急性のある被害が1件確認された。急遽、工務のメンバーに休日出勤を依頼、応急処置を行った。
全てのお客様の安全確認は夕方までかかった。命に関わる被害は確認されず、胸をなでおろしその日を終えた。

私達、住まいに関わる仕事をする者は、人の財産と命に直結している。
人が安全に暮らすために家がある。改めて自らの仕事の重みを感じた日であった。

そして翌週の23日、今度は早朝より強風が吹き荒れた。
この日は天皇誕生日で祝日。何も被害がないと良いなと思っていた矢先、1本の電話が事務所に鳴りひびく。
ある小学校関係者からだった。
体育館の屋根が風でめくれて危険な状態にある。明日卒業生の謝恩会がある。このままでは行えない。何とか、応急処置してもらえないか。
この日は休日で、ほとんどの会社は電話がつながらない。やっと電話がつながったのが当社だったのだろう。
そこで2週続けて、工務のメンバーに緊急出勤を依頼。
強風の中、屋根に上がり応急処置を行った。卒業生にとっては一生に1回の謝恩会、ましてこのコロナ禍で充分な思い出づくりも出来なかっただろう。
せめて最後の思い出づくりが出来て良かった。学校関係者の方からも大変、感謝された。
良かった、良かった。工務のメンバーも嬉しそうだった。

この様に2週続けての災害対応に追われた。会社は公の器である。
社会から生かされている。社会の役に立って本望だなと実感した2週間だった。
また、気持ちよく即座に休日出勤に応じてくれた社員にも心から感謝したい。
今年始まって、まだ2か月を過ぎたところ。
大きな災害がないように、そして早くコロナが収束するように…祈らずにはいられない。


梅津寿光


leader_sagyouin_man.png
福島駅前デパート「中合」消滅の衝撃!
今年8月31日、福島駅前のデパート「中合」のシャッターが静かに閉じ、その長い歴史に幕を下ろしました。
これで県庁所在地である福島市の百貨店はゼロとなりました。

「中合」は日本3代商人と言われる「近江商人」の流れをくむ百貨店です。
近江商人の行動哲学は「三方よし」と言われ、「売り手よし、買い手よし、世間よし」の精神は多くの商人の手本となり全国に広まり、多くの名門企業を生みました。中合もその一つです。

ウイキペディアで「近江商人」をクリックすると、西武グループ、高島屋、伊藤忠商事、住友財閥、日清紡など名高い企業と共に「中合」が名を連ねています。
百貨店でその歴史に幕を下ろしたのは「中合」だけではありません。

全国で多くの百貨店が存亡の危機を迎えています。コロナだけの原因ではありません。
百貨店とは文字通り何でも揃うお店です。
購買意欲を満たしてくれ、家族で食事をする。華やかで特別な場所でした。
驚くほどの時代の変化です。

私の記憶をたどると、最初、スポーツ用品専門店、家電店、紳士服の専門店が街に現れた。
やがてそれは、郊外に移り、大きな面積を持つ店舗となり更に品揃えを充実させる。その品揃えはとても魅力があった。

次にユニクロ等のファストファッションの登場です。
これはアパレルメーカーが、ファストフードのように低価格で、かつ流行を素早く取り入れた商品を提供するビジネスモデル。
ファストには安価で手軽、早いサイクルで商品を提供して、短期間で売り切るという意味を含みます。
これは若者を主とする消費者に圧倒的に支持をされ、世界的に売り上げを伸ばす結果となります。

百貨店はもともと呉服屋を家業とし、原点としていたところが多い。本業の衣服品で魅力ある品揃えをすることが出来なかった。
これが、百貨店離れの最大の要因ではないかと思います。

次に、インターネットの普及です。
画面上で買い物を出来るようになると、その便利さは劇的に買い物の手法を変えました。
更に品揃えは充実し、24時間買い物が出来る。
クリック一つで売り場が無限大に広がり、買い物の選択肢が大いに広がる。
まさしく革命的な変化です。

更に百貨店は老舗が多く建物も古い。
耐震改修をしようにも多大な費用が掛かってしまう。売り上げ回復が見込めない以上、事業継続を断念せざるを得ない。
この様な事が原因で次々各地の百貨店が消滅しています。

福島市の駅前がゴーストタウン化しています。
買い物どころか、食事する場所さえ事欠いているのが現実です。
駅前再開発PJが発足されていますが、建物解体を含み、これから約6年の歳月を要します。
人々が集う魅力ある街づくりを願うばかりですが…。
そんな中、幸いにも駅前通りに福島県立医科大学の保健学部が、2021年4月に開校する予定です。
コロナ収束後の活気あふれる「県都福島市」再建の起爆剤となるよう大いに期待します。


梅津寿光


IMG_2736.jpg


ファミリーレストラン店員の神対応
コロナウイルス自粛が一段落したある日、ファミリーレストラン「サイゼリア」の店員の神対応がネット上で感動を呼んでいます。

客は病で全盲になった女性です。
その女性はツイッターユーザーのさくらsanと言います。

4か月振りに訪れたサイゼリアでの一コマ。
「久しぶりの外食で嬉しくてお料理をたくさん注文しちゃったんだけど、
料理を運んできてくれた大学生ぐらいの男の店員さんが
『ピザは12時、サラダは3時、チョリソーは10時方向におきますね』って説明してくれて、
もう、感動しすぎて涙が出そうでした」
とツイートしたところ、瞬く間に拡散され、
丸1日もたたないうち7.5万リツイート、38.8万いいね!が集まりました。

リプライ欄には
「時計に例えればわかりやすいんですね」
「気配りが出来るってこういうことだと思う」
「まさに言葉で表すバリアフリー」
と言った称賛の声のほか、さくらsanが全盲でもツイッターを駆使していることへの驚きや、
日常生活、他の嬉しい配慮とは…と言った質問も相次ぎました。

さくらsanは、当時の状況を振り返ります。
「お店には主人と娘の3人、家族で行ったのですが、店員さんには特別こちらから何かを伝えたわけではありません。
多分、入店した時に私が白い杖をついていたので、気付かれたのだと思います。
あまりにも自然な説明でビックリして…。
お若い方でしたし、例え知識として知っていたとしても、実践するには勇気がいったでしょうに。
本当にうれしくて、サイゼリアさんにはお礼のメールを送ってしまいました(笑)」

尚、これは「クロックポジション」と言って、目が不自由な人でもテーブルの上の物の位置が出来るよう、時計の短針にたとえて知らせる方法です。
近年、ドラマや映画などでは描かれていますが、実社会ではまだまだ実践されていません。
サイゼリヤでは視覚障害者への接客マニュアルが整備されていて、社員教育もきちんと行っているということになります。

この話には、私達も見習うべきところがたくさんあります。
企業として、社会的な役割をもっと自覚すること。
そして、もっとITを活用してお客様とつながる時代であることを自覚すること。
このさくらsanは、普段の生活では、iPhoneのボイスオーバーという読み上げ機能を駆使して、インターネットで買い物をしたり、SNSで友達とつながっています。
実際に街へ出かけて買い物をしたり、自由に好きな時に人に会いに行ったりすることが厳しい障害者にとって、
近年のIT技術の進化は、大いに社会参加を可能にしています。
私達企業がそれに追い付いていないのが現状かと思います。

今時代はウイズ・コロナ。
企業の社会的な役割と責任と在り方が改めて問われているのかも知れません。
それにしても、サイゼリアという会社と店員の対応は、お見事です!

梅津寿光


konicaminolta_1038882.pngillust14592.png